日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の東海

東海|バックナンバー

38件中 11~20件目
信念を持った転職活動のすすめ――キャリアデザインで道を切り拓く!
人材開発事業で20年のキャリアを積んできた私は、若年層の就職難に関する社会問題にはかねてから非常に関心を持っていました。そんな私に転機が訪れました。契約社員として長年働いていた企業との契約更改で、双方の条件が合わない事態に陥ったのです。このまま妥協して勤めるか、新たな職場を探すか――
心ない質問に落ち込んだ面接を乗り越え-見つけた私の天職先!
転職して3年が経ち、私は自分自身に「この会社でもう3年働けるか?」と、問いかけました。その答えは……、「NO」でした。もちろん理由はあります。一 つ目は、有給休暇の使いやすさや給与などに関する部分です。制度がきちんとしているか、さらに制度を活用できる風習か……。そう考えたとき、釈然としない 思いが湧きあがってきたからです。
職務経歴書に面接……、不安材料がてんこ盛り-若手ビジネスマンはどう乗り越える?!
さほどの忙しさもなく、淡々と仕事をこなす毎日。これでいいのだろうか? 若いうちにもっといろいろな経験を積んだ方がいいのではないか……。前職場で は、いつもそんな危機感にさいなまれていました。そんな時、目指していた資格を習得できるめどが立ったので、これを機に転職へと一歩踏み出す決意を固めま した。
転職成功の勝因は――?企業に信頼されている人材紹介会社との出会いでした!
異業界への転職は失敗に終わりました。実際に働いてみると自分には合わないと感じることが多々あり、社内の配置転換を希望するも受け入れてもらえず、定年まであと20年間、いやな仕事を続けたくないという思いから、以前勤めていた金融業界への復帰を試みることにしました。
1日に大阪と東京で面接をこなす強行スケジュール-応募先の増やし過ぎには注意しましょう
以前所属していた監査法人が解散し、別のところに移ったのですが、そこは業績に問題がある会社は容赦なく切り捨てるというような姿勢があって、それがどう しても合わず、将来的な不安を感じていました。世界的な景気の悪化を肌で感じる出来事もあり、転職するなら急いだ方がいいと思い、動き始めました。
38件中 11~20件目