日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の46~50歳

46~50歳|バックナンバー

51件中 41~50件目
「転職は縁とタイミング」とは言いますが…モチベーション維持のために「我慢」も大事
キャリアコンサルタントから言われたんです。「転職は縁とタイミング!能力とか人柄とかキャリアとか、いろいろポイントがあるけれど、流れがあるんで す」って。それを聞いたときは、「そんなものかなぁ~?」と思ったけれど、内定が決まるまでの流れを振り返ると、まさしく縁とタイミングでしたね。
「あなたが入社するとツキが逃げて縁起が悪い」超失礼な面接を経験して気づいた新しい可能性
私が経験した失礼な面接の内容を聞いてください!A社の面接官は高圧的な態度の技術責任者。最初からかなり嫌味で意地悪な質問を連 発。しかし、ここで腹を立ててはいけないと我慢。「あなたの技術レベルがわかるような製品があればねぇ」と言い出したので、これまでの仕事内容や技術につ いて説明しました。すると突然「そういう高度な技術をお持ちなら、ほかの企業に行ったほうがいいんじゃないかな~」
ワンマン社長の横暴に堪忍袋の緒が切れた!40代後半、覚悟の転職は意外な展開に…
前に働いていた会社は、オーナー企業。ワンマンなのは仕方がないと思っていましたが、予想以上だったんです……。たとえば、退職を申し出た社員を引き止め はするものの、後任者が見つかると「明日から来なくていい」と手のひらを返した対応。社員の悪口も平気で口にします。社員の定着率が悪くて、社内の雰囲気 も暗い。うんざりして転職を決めました。
資格取得の勉強とフィットネスで生活リズムと転職のモチベーションを維持
在職のまま転職活動をするのは大変ですが、かといって、退職してしまうと時間をもて余してしまうものです。私は、社風が合わなくて転職を決意したのですが、転職活動を始めてから2ヶ月で退職しました。最初のうちは、家の近所に散歩に出て過ごすこともありましたが、しだいにそれにも飽きてくるんですよ。
年齢相応の仕事ができれば中高年でも恐るに足らず-自分のアドバンテージに気づき、転職人生にピリオド
最初に勤めたA社は、グループ会社との合併とともにリストラが始まったため、見切りをつけて退社。次に入社したB社では、ほとんどすべての経理業務を引き 受けて成果を上げたものの、能力不足の上司より下の待遇が改善されず退職。年収アップが達成できたと思って入社したC社は、約束のポストにつけない上、1 ヶ月半もたってから差し出された雇用契約書に「契約社員」の文字。
クレーム対応でバタバタしているときに第一志望の面接が!行き当たりばったりで臨んだ結果は…
転職活動の中でツラい思い出として残っていることがあります。それは、第一志望の企業の面接と前職での品質クレーム対応が重なってしまったこと。キャリア コンサルタントのアドバイスどおりの準備ができず、結局は行き当たりばったりで面接に臨んでしまった。とても不本意でした。
51件中 41~50件目