日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の31~35歳

31~35歳|バックナンバー

142件中 41~50件目
一抹の不安から始まった転職活動キャリアアップを目指して一球入魂勝負!
私は上昇志向が強く、仕事においても常にキャリアアップを意識しているタイプ。前職ではスキルアップやキャリアアップが難しいことが分かり、転職して再 チャレンジすることにしました。前々職で医薬品の安全性・毒性に関する業務に携わっていたので、その経験を活かせる求人を探すことにしました。また、キャ リアアップを目指すためには、何度も転職する訳にはいきません。今後長く勤めることができる会社というのも大切な条件でした。
人材紹介会社にしかない求人と運命の出会い-諦めずに信じ続けて良かった!
不景気で前の会社の業績が悪くなり、早期希望退職制度を募ることとなりました。このまま会社に残っても、自分の仕事は限られてくるし、会社自体がどうなる かも不透明です。幸い、私は転職経験もなく、年齢的にも30を超えたばかり。まだ自分にはチャンスが残されていると思い、新しい環境を探すことにしまし た。
書類選考の結果報告までの時間-劇的に短縮させた秘策とは!?
お金儲けのためだけでなく、「世の中のため」を考える会社で精いっぱい働きたい!そう思い立った私は転職活動を始めました。転職活動中に何よりもどかし かったのが結果を待つ時間です。気持ちが逸り、待つ時間は何倍にも感じられます。特に書類選考は結果がでるまで時間がかかるところが多くありました。通過 しているのに、返事には2週間かかることもあったのです。
妹を見習って人見知りの性格を克服-派遣から正社員を目指す強き妻
主人が職を失いました。私は派遣社員として働いていたのですが、家族の為に、何か私にできることはないのかと考えた結果、正社員を目指して転職することを 心に決めました。しかし実は私、とても人見知りで緊張しやすい性格。そのためか、初対面の人に自分の考えを伝えることが大の苦手で、面接に対しては特に不 安感が募っていました。そんな時ヒントになったのが、妹の行動でした。
地道な活動が実を結んだ!派遣切りにあった私を信用してくれた企業
話題の派遣切り対象者となってしまい、次の職を見つける間もなく職を完全に失いました。そして向かった地元のハローワークもこのご時世だからでしょうか、 多くの求職者でごった返していました。紹介してもらう時間よりも待たされる時間の方が長い状態でとにかく大変でした。しかも希望条件では面接にすらたどり つくのが困難な現状であり、少しでも早く社会復帰するために希望条件を減らして妥協すべきか、迷っていました。
新天地での転職、支えになったのはキャリアコンサルタント
群馬で派遣社員として働いていましたが、不況のあおりを受けて契約延長ができなくなりました。2月の段階で契約が打ち切りになり、実際の退職は6月だったので、私はテレビで言われる派遣切りの状況ほど、切迫している状態ではありませんでした。
第一志望の最終面接で不採用……しかし、その数時間後に運命の出会いがあった!
会社の業績不振により希望退職制度に応募する機会がありました。これを機に「もう一度他の企業でチャレンジしよう!」と考え転職活動を始めました。失業給 付金が切れるまでになんとか内定を決めたいと考えていましたが、待ち構えていたのは厳しい現実……。なかなか内定がもらえず、焦りと不安を感じていまし た。
転職活動は自分を見つめ直す機会-嫌になるほど自己分析をして成長しました
もともと経理の仕事に携わっていたのですが、毎日の業務の中で営業事務や総務の仕事もこなさなければならず、経理としての仕事が薄れていることに対する違 和感を感じていました。そんな時に簿記1級の資格を取得し、経理として自分のスキルを生かしたいと、強く思うようになりました。さらに契約社員で将来に不 安を感じていたこともきっかけとなり、思い切って正社員へと転職することを決めました。
経験のない忙しさを体験したことが自分のキャリアを見つめ直すきっかけに
勤めていた会社が事業をたたむことになり、「早く働き先を見つけなくては!」という焦りから、あまり深く考えないまま、年収の高さに惹かれて人材派遣会社 の営業職になりました。ところが、入社と同時に嵐のような忙しさに追われる日々。拘束時間も長く、「この先ずっとこの仕事をしていくことができるのか?」 という不安が日に日に大きくなっていきました。結局、入社からわずか半年で再び転職活動をすることを決めました。
142件中 41~50件目